もひとつおまけに

The blog which is Schul

もう夏だけ!1ヶ月以内にとにかく痩せたい!

calendar

これからご紹介するダイエット方法は、夏限定で良い、焦っている人になります。

要注意なのは、こちらの方法に関してはリバウンドの確率が高いという残念な結果も含んでいますので、本当に瞬間的な減量が良い人向けになります。

ゴムで出来た服、部屋着は甘え

夏限定で痩せたい、急いでいるならばまず今着用しているウエスト部分がゴムの服、ゆったり作られた部屋着は封印して下さい。

そして、ワンサイズ下のボトムスを手に入れて下さい。

勿論ながら、ワンサイズ下なのですからチャックが閉まらない、お尻が入らない、太もも部分がパツパツになります。

外出する際には無理ですが家に居る時はそれを着用して下さい。(チャックは無理矢理閉めなくても大丈夫です)トップスもLサイズならばMサイズを。

食事抜きは数日しか持たない

痩せたいが為に食事を抜く人が多いと思いますが、その間ずっと我慢が蓄積されていき、一気にドカ食いで振り出しに戻るパターンが多いです。

私の意見になりますが、我慢の蓄積よりも我慢を最小限に抑える事が痩せると思います。

一日二食にしても、量が多ければ全く意味がありません。毎食、腹五分程度にしてみて下さい。そして食事回数は4~5回にしましょう。

口に入れるという行動があるだけで我慢度は軽減されますから。

18時以降食べないは逆効果

体質に合う人、もうそれが習慣化されている人は苦にならない方法ですが短期間を狙う場合は逆効果になると思います。

夜中にお腹が空いて寝れず、頭の中は食べ物の事でいっぱいとなるのが関の山です。

短期間ならば、4~5回の食事のうち野菜の割合を増やし、ご飯やパン等は少量にしましょう。短期間ですから、ご飯やパン等を減らす事は頑張りましょう。

そして、お助けアイテムとなるのが炭酸水です。今は各メーカーから糖分が入っていない炭酸水が販売されていますので、食事前に一口でも飲んでから食事をして下さい。

炭酸がどうしても苦手な人は、水か烏龍茶を食事前に飲んでみて下さい。

余力のある人は、外出する際は徒歩か自転車が好ましいですが、上記の制限だけでも効果的だと思います。

まとめ

私が本来皆さんにお伝えしたいのは健康的で、毎日少しの時間で無理なく痩せていくという方法なのですが、今回は短期間に重点を置いてご紹介させて頂きました。

ただ、間違わないで欲しい事があります。

自分にプレッシャーを与える事とストレスはとても相性が悪く、上手くいかないケースが多いです。

私なりにストレス部分が少なく短期間に痩せる方法をご紹介をさせて頂きました。

いくら短期間とはいえ、体を壊してしまわないように、最初はキツかったワンサイズ下の服が普通に着れる事がゴールだと考えて下さいね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す