もひとつおまけに

The blog which is Schul

夏だから、着痩せ効果のあるアイテムで体型カバーを!

calendar

全身ぽっちゃり体型の人向けに、今回は焦点を当ててみました。

良い例、悪い例と共に参考にしてみて下さい。客観的にぽっちゃり体型の人はこう見えているかもよ?といったポイントも挙げていきますね。

ワンピースの着こなし

体型カバーに意識が向くあまりにワンピースを選びがちになっていませんか?

ワンピースという選択は間違っていないと思いますが、一歩間違えたら余計に太って見えてしまう事にお気づきでしょうか。

ワンピースを選ぶ際のポイントは「ウエスト部分に切り返しがあるか」「スカートの丈感」です。

これだけで随分と印象が変わるでしょう。ウエスト部分に切り返しが無い場合は太めのベルトをアクセントとして身につける事によって視線がウエスト部分にいきます。

特にお腹周辺が気になる人はベルトを避けがちかと思います。しかし、視線をベルトに集中させる事が大切なのです。

そして、スカート丈が中途半端で一番太い部分を出してしまっている人も多く見かけます。丁度、膝下からくるぶしまでの中間の丈は一番太く見える位置ですので避けましょう。

複数のショップが着痩せコーディネートと銘打って販売されていますが、隠す事がメインになり過ぎて、寸胴体型を招く結果になりかねません。

試着出来ない場合は、膝下何cmかチェックされると失敗は少ないかと思います。

上半身をカバーしたい場合

二の腕はとても気になりますよね。二の腕、お腹周辺を綺麗に魅せるのは実は首元のデザインも関わっているんです。

首元(デコルテ)部分に余裕のあるデザインを選んでみて下さい。ぎゅっと締まった首元は、その延長線上で二の腕まで視界に入りますのであまり効果的とは言えません。

緩めの首元、そして二の腕部分にはシフォン素材を使用している物が高見えし、効果的かと思います。

下半身カバーをしたい場合

今もマキシ丈は安定した人気ですので、マキシ丈にトップスはご自身のサイズにぴったりな物を選び、メリハリをつけましょう。

トップスもオーバーサイズになりますと、全身がだらしない印象になり、体型カバーの意味になりません。

ダイエットに間に合わなくても何とかなる!

今更、数キロも痩せるのは無理だと諦める前に、ならば着痩せ効果に頼りましょう!

いつも選んでいる系統からで構いません。その中から、着痩せポイントをおさえた商品を探してみてください。

着痩せ効果で見た目ダイエットも一つの方法です。是非ご参考になれば嬉しいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す