もひとつおまけに

The blog which is Schul

こどもの日の由来とお祝いについて

calendar

ゴールデンウィークの祝日にこどもの日ってありますよね。

兜飾りや鯉のぼりを飾る、男の子のお祝いの日と思っている方も多いと思います。

しかしこどもの日なのになぜ男の子のお祝いなのか疑問に思ったことはありませんか?

そもそも何が由来でどういうお祝いするものなのかも併せここでは説明していきたいと思います。

こどもの日の由来

こどもの日は昔は『端午の節句』と呼ばれていました。

端午の節句はもともと古代中国において月初めの厄払い行事として生まれ、日本に伝わったとされています。

端午の象徴である菖蒲が“剣”の形に似ていることや、読みが「尚武(武道を重んじること)」と同じであることから、かつては男の子が元気に育ち大きくなったことをお祝いする日とされていたようです。

しかし、1948年に「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として 5月5日がこどもの日として国民の祝日に制定されてからは、男の子だけではなく女の子も一緒になって祝うのが一般的になっているようです。

余談ですがこどもの日は子供が主役の日という印象が強く、お母さんにも感謝する日というのはあまり知られていないようですね。

こどもの日のお祝いって何をするの?その意味は?

ではお祝いって何をするのでしょうか?一般的には各家庭で以下のような催しが行われており、それぞれに大切な意味があります。ひとつづつ紹介していきます。

鎧や兜、五月人形を飾る

男の子が生まれると初節句にあたる5月5日にむけ鎧兜や五月人形を準備し、春分の日明け頃からこどもの日まで飾る風習があります。

鎧兜は武士が自身の身を守るために身に着けていたことから、子どもが事故に遭ったり病気になったりせず、安全に健康に過ごせるようにという願いが込められています。

五月人形は桃太郎や金太郎のモチーフや、子どもの人形に鎧兜を着せたものなどがあり、その人形のような人物に成長してほしいという願いが込められているようです。

鯉のぼりを飾る

鯉のぼりは男の子の健やかな成長と立身出世を願うという意味があります。

「黄河の急流にある竜門を唯一鯉だけが登り切り、その鯉は龍になることができた」という中国の故事が由来で、龍になった鯉のように立身出世してほしいという願いが込められています。

また健やかな成長は、鯉がたいへん生命力の強い魚なので、鯉のようにどんな環境でも健康でたくましく育ってほしいという願いが込められているようです。

菖蒲湯につかる

先述のように端午の節句は古代中国で月初めの厄払い行事として生まれ、日本に伝わったものですが、菖蒲は古代中国で邪気を払うということから厄除けとして厄払いに使われてきました。

そのためこどもの日ではその風習を引き継ぎ、お風呂に菖蒲を入れて入浴することで厄を払い除けて健康に成長することを祈願するようになったそうです。

柏餅やちまきを食べる

柏の木は新しい葉が生えてくるまで古い葉が落ちないことから、昔の人は樹木を守る葉守の神が宿ると信じていました。

その姿は家系が絶えない子孫繁栄を連想させることから、かしわ餅を食べることで、その子が家を守っていくことを祈願しているようです。

ちまきについては、古来中国の偉人である屈原(くつげん)という詩人が由来となっています。

屈原は忠誠心が高く人民から愛されていましたが、陰謀により地位を追われて5月5日に川に身を投げてしまいました。

そのことを嘆き悲しんだ民が楝樹の葉で餅を包み五色の糸で縛ったもの(ちまき)を供えたことが由来となり、中国ではちまきは忠誠心が高い象徴として考えられています。その風習が日本に伝わったものと考えられます。

まとめ

息子が誕生してから何となくお祝いしていたこどもの日ですが、こんな由来やお祝いの意味があったのですね。

次回からこどもの日には由来や意味を考え、日々の成長への感謝の気持ちと健やかで強い子に育つことへの願いを込めながらお祝いしたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す