もひとつおまけに

The blog which is Schul

花火大会と花火の始まりとは?歴史を知ればもっと好きになる!

calendar

夏の風物詩と言えば花火大会です。

花火大会がない夏なんて考えられないくらい日本人は花火が大好きですよね。

花火って火薬が使われているとは思えない芸術作品のような美しさがあるのに火薬ならではのド迫力もあり誰もがそんな花火に釘付けになってしまいます。

最近では丸以外のいろいろな形の花火があったり打ち上げ方にも多彩なバリエーションがあって花火師同士のコンテストも熱いですね。

そんな毎年進化を続けている花火大会ですがその始まりがいつ頃なのか歴史が気になったので調べてみました。

花火大会と言えば打ち上げ花火!その祖先は〇〇だった

花火の歴史にはいくつかの説がありますが有力な説を紹介します。

今は鑑賞目的で花火を楽しむ時代になりましたが花火が娯楽になったのは最近のこと。

昔の花火は狼煙(のろし)や武器としての目的で使われていました。

特に狼煙の歴史は古く、中国では秦の始皇帝がすでに通信目的で狼煙を使っていたそうです。

狼煙の材料である火薬も紀元前3世紀ごろの中国ではすでに製造する技術があり、火薬を使っていたと言われています。

人間と火の付き合いは長いですが火薬や狼煙もかなり昔からあったというのは意外ですね。

狼煙は厳密には花火と違うかも知れませんが火薬を使い遠くにいる人に見せることを目的にしている点は現在の花火と共通しています。

というわけで狼煙が打ち上げ花火の祖先と考えても良いでしょう。

やがて中国から火薬の技術はローマやヨーロッパ各地へと伝わっていきました。

日本に火薬が伝わったのは1543年。

日本に来たポルトガル人が持っていた鉄砲に火薬が使われていたことがきっかけとされています。

伝わった火薬は戦国の世の中で火砲などの武器や狼煙として使われ広まっていきました。

では、鑑賞用の花火が誕生したのはいつなのでしょうか?

日本人では1613年に徳川家康が最初に鑑賞用の花火を見たと言う説が有力です。

英国からの使いを案内した明国商人が花火を家康に披露したと言われています。

花火を見た家康はどんな感想を持ったのでしょうね?

その後の江戸時代では今に伝わる日本の文化として花火が発展していきます。

花火大会の始まりは江戸時代!花火が火薬の新たな使い道に!

江戸時代になると戦がなくなり火薬の新たな使われ方として花火が作られるようになりました。

今のような丸い打ち上げ花火が出来たのも江戸時代です。

当時は今のようにいろいろな色のバリエーションはなく白のみのシンプルなものだったと思われます。

歴史に残る日本最古の花火大会は「両国川開き花火」です。

享保の大飢饉で大きな被害が出た時に、8代将軍の徳川吉宗が死者の慰霊するために行った水神祭が翌年の1733年には両国川開き花火となりました。

もともと花火大会が始まった背景には政治的意図もあったのですね。

確かに線香やろうそくなども火を使います。

そう考えると火には亡くなった人の慰霊や鎮魂をする意味が込められているのかも知れません。

そうして始まった両国川開き花火は夏の江戸の風物詩になり、現在の隅田川花火大会として続いているのです。

まとめ

花火大会の歴史を紐解くとその背景には長い火薬の歴史がありました。

火薬が兵器として使われた長い歴史の先に、あのきれいな花火があると思うと改めて平和な時代に生きていることを実感します。

花火の美しさに詰まった歴史を感じながら見る花火は今までよりさらに心に響くことと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す