もひとつおまけに

The blog which is Schul

浴衣で出かけたい!でも暑い!そんな時は?

calendar

やはり、花火大会やお祭りなど夏ならではのイベントがありますからね。

浴衣で行くイベントもこんな時ぐらいですから是非着てもらいたいのです。

しかし、暑い!一度でも浴衣を着た人はおわかりだと思いますが、とにかく暑さとの戦いですよね。

行きは綺麗な姿でも帰りには汗だくメイクボロボロにならないちょっとした工夫をご紹介したいと思います。

浴衣の素材は、ポリエステルか麻がベスト

特に麻素材が良いですね。

生地の特性上、通気性も良く肌に優しいですから昼間から浴衣を着るなら尚更、麻素材をおすすめします。

浴衣慣れしていない人でも、歩いたり座ったりが楽に出来ると思います。

浴衣の前に必ず制汗剤or冷感スプレーを

気温が高くなり、熱中症も怖いですからね。

浴衣着用前に、首の後ろ、膝の後ろ、足首に制汗剤をスプレーしておけば汗予防と匂い対策両方を兼ねるので是非欠かさずしてください。

従来から言われている「脇の下を紐で少し強めに縛り汗を抑える」という手法もありますが、浴衣はただでさえ窮屈な着付けになっていますので、私は制汗剤や冷感スプレーで充分だと思っています。

せっかく楽しみたいイベントが、苦しいだけなんて悲しいじゃないですか?

あと、胸元に小さな保冷剤をしのばせておけば大丈夫です。

絆創膏とウェットティッシュは必須アイテム

普段履きなれない「下駄」により指の間が痛くなる場合も浴衣着用時にはよくある事です。

絆創膏がクッション代わりになってくれますので痛くなる前に貼っておきましょう。

ウェットティッシュは、浴衣にシミが出来るとクリーニング屋でも難しい場合がありますので汚れたらゴシゴシ拭くのでは無く、すぐにポンポンと叩いて汚れを落としましょうね。

メイク直しは、こまめに

一番良いのは、メイク崩れが嫌で厚塗りをしてしまいたいところをぐっと抑えて、あまり塗らない事です。

メイク直しで濃くなってもいいような程度に抑える事で汗によるひどいメイク崩れは軽減されます。

浴衣の下に必ずキャミソールなどの透け防止と汗を吸収してくれるものを着用する

暑いからといって素肌に浴衣は、逆効果ですし、透けてしまう事もありますので必ずキャミソールの長いもの等を着用してから浴衣の着付けをして下さいね。

イベントに合った格好は、とても風情があり特に女性は髪をアップにしたり日頃出来ないオシャレが可能ですので、浴衣でまだ出かけた事の無い人は是非挑戦してみてくださいね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す